動物たちの楽園

アフリカ

ケニア

アフリカ

per person

乾燥した砂漠、肥沃な高原、雪で覆われた山々、果てしなく広がるサバンナ、そして多種多様な文化。バラエティー豊かな魅力がケニアにはあります。

 

ケニアはどんなところ?


 

大地溝帯(グレート・リフト・バレー)がケニアの中心を通り抜け、そこに谷のような地形が生み出され、沢山の動物が集まります。その光景はまるで野生の楽園。ピンクフラミンゴであふれるナクル湖。ヌーやシマウマの大移動が見られるマサイマラ。キリン、カバ、ゾウ、ライオン、ヒョウ、サイも多く生息しています。伝統を守る先住民族も各地に分布して暮らしており、乾燥した砂漠が広がるトゥルカナ北部には、遊牧民トゥルカナ族、トゥルカナ湖の南岸とケニア山にはエルモロ族が住んでいます。登山好きにはアンテロープ、コロブスモンキー、ケープ・バッファローなどが見れるケニア山もおすすめです。沿岸部では、ラム島の歴史ある美しい旧市街へ迷い込み散策するのも楽しいです。

 

 

マサイ マラ

マサイマラ国立保護区の「マサイマラ」は、この一帯に住むマサイ族の言葉で「遠くから見える地域」という意味を持ちます。
野生動物が多く生息し、隣国タンザニアから回帰してくるヌーとシマウマの大移動(グレート・マイグレーション)を見ることができます。
夜明けと共にバルーンサファリをすることができます。上空から見る朝焼けと広大なサバンナ、そして眠りから覚めた動物たちの姿を見下ろせます。

 

 

アンボセリ国立公園

バラエティーに富んだ景色に出会えるアンボセリ国立公園。タンザニアとの国境に広がるオアシス砂漠。広大なサバンナ、キリマンジャロ山を背景に歩くゾウの群れ、湿地帯。アンボセリ国立公園は、ゾウの生息地として有名で、約1500頭が生息しています。ゾウの群れは、乾季になると、園内中央に位置するエンコンゴ・ナロク湿原へ移動します。湿地帯で泥まみれになった愛らしいゾウたちを観察することができます。運が良ければ、公園外でジェレヌクやフリンジイヤー・オリックスなどの稀少動物を見ることができます。ライオン、ヒョウ、バッファロー、ハイエナ、キリンをはじめ、コークス・ハーテビースト、エランド、バーチェル・シマウマ、ヌーなどの草食動物や、ブラックバックルジャックルなどの小さな哺乳動物も観察できます。キリマンジャロ山を背景に動物写真を撮影することができるため、写真ファンにも人気のスポットとです。
400種以上の鳥類が生息し、10月から12月まで北半球から渡り鳥が飛んできます。アンボセリでしか見られないヒメチドリやフタオビスナバシリなどの固有種も生息し、バードウォッチングのスポットとしても大変人気です。
公園内端にはマサイ族が住み、日々、牛を放牧しています。

 

ナイバシャ湖

ナイバシャ湖では、バードウォッチングからカバの群れの水浴び観察まで楽しむことができます。普段とは違うボートサファリがおすすめです!

 

 

 

 

 

ナクル湖国立公園

ナクル湖国立公園は、首都ナイロビから北西に約156キロメートルの場所に位置し、大地溝帯(グレート・リフト・バレー)が生み出した湖沼群としてユネスコの世界遺産に登録されています。公園内には草原や森が広がり、中心部にはナクル湖があります。この湖に自生する藻を求めて多くのフラミンゴが飛来し、ピンク色のフラミンゴで湖面が埋めつくされる様は圧巻です。また、サイの保護区にもなっており、クロサイとシロサイの両方を観察することができます。他にはウォーターバック、バッファロー、シマウマ、ライオンやヒョウといった肉食動物も生息しています。絶滅の危機に瀕しているロスチャイルドキリンもここで見ることができます。

 

 

 

 

旅行シーズン


 

12月~3月4月~5月6月~9月10月~11月
12月は、雨季から乾季へ移行する時期で、晴天の日が増し気温もあがります。天気は穏やかで、野生動物が水場に集まりはじめ、サファリに繰り出すには理想的な時期です。1月と2月は一年の中で最も暑くなります。緑豊かな季節。気温が下がり、雨が降り始めます。空気が澄み、塵が舞いにくくなります。野生動物は、雨から逃れるように生い茂った草木へ隠れてしまうため、観察は難しくなります。涼しい晴れの日が続きます。朝霧がリフト・バレーや中央高原に流れ込みます。ヌーやシマウマたちが、タンザニアのセレンゲティからマラ川を渡って北上してきます。動物の大移動(グレート・マイグレーション)の到来です。動物の群れはマラ川に向かうにつれて長蛇の列を成します。ヌーの群れの大半がセレンゲティ北部へと戻っていきます。小雨季が11月に始まり、湿度が上がります。その後、再び乾季が訪れます。

 

 

 

気候


 

ケニア国内の気候は地域によって様々。沿岸地域は湿度の高い熱帯気候です。一方、大地溝帯(グレートリフトバレー)が通る地域は爽やかで涼しい気候です。

赤道がライキピアの中央高原を通っているため、気温は一年を通して一定しています。トゥルカナ湖北部には砂漠が広がり、時折雨が降りますが、ほぼ常に乾燥しています。3月末から5月頃までは雨季に入り、11月に再び短い小雨季に入ります。ケニア観光は一年を通して楽しめますが、サファリでベストシーズンを狙うなら、より動物を観察しやすい雨季以外がおすすめです。スキューバダイビングやシュノーケリングをするなら、9月下旬から3月にかけてがベストシーズンです。

1
ナイロビ発アフリカサバンナツアー

Amnetオススメ!サバンナツアー


 

アフリカ CLASSIC 7 DAYS
料金$1,697~

【1日目】ナイロビ到着

【2日目/3日目】アンボセリ国立公園

【4日目】ナクル湖国立公園

【5日目/6日目】マサイマラ保護区

【7日目】ナイロビ帰着

全行程陸路移動

このツアーの詳細はこちら

 

アフリカ CLASSIC 8 DAYS
料金$2,030~

【1日目】ナイロビ到着

【2日目/3日目】アンボセリ国立公園

【4日目】ナクル湖国立公園

【5日目】ナクル湖国立公園/マサイマラ保護区

【6日目/7日目】マサイマラ保護区

【8日目】ナイロビ帰着

全行程陸路移動

このツアーの詳細はこちら

 

アフリカ CLASSIC 9 DAYS
料金$2,951~

【1日目】ナイロビ到着

【2日目/3日目】アンボセリ国立公園

【4日目/5日目】ナクル湖国立公園

【6日目】ナクル湖国立公園/マサイマラ保護区

【7日目/8日目】マサイマラ保護区

【9日目】ナイロビ帰着

全行程陸路移動

このツアーの詳細はこちら

 

アフリカ GOLDEN TRIANGLE 8 DAYS
料金$3,164~

【1日目】ナイロビ到着

【2日目/3日目】アンボセリ国立公園

【4日目/5日目】ナクル湖国立公園

【6日目/7日目】マサイマラ保護区

【8日目】ナイロビ帰着

往路陸路移動/マサイマラ→ナイロビ フライト

このツアーの詳細はこちら

 

アフリカ GOLDEN TRIANGLE 8 DAYS ~マサイマラ満喫コース~
料金$3,551~

【1日目】ナイロビ到着

【2日目/3日目】アンボセリ国立公園

【4日目】ナクル湖国立公園

【5日目】ナクル湖国立公園/マサイマラ保護区

【6日目/7日目】マサイマラ保護区

【8日目】ナイロビ帰着

往路陸路移動/マサイマラ→ナイロビ フライト

このツアーの詳細はこちら

 

 

サファリツアー10 のこだわり!

 

1. ランドクルーザー にこだわる

ランドクルーザーはミニバンタイプよりもコストが上がりますが、沼地も多くぬかるみにはまりやすいサバンナでは、四駆のランドクルーザーでなければ自力で出ることができませんし、ライオンなどの珍しい動物を発見した時に急いで動物の元に駆けつける際に、ランドクルーザーはミニバンタイプよりも速いスピードで走ることができるというメリットもあります。

ランドクルーザーは、国内でサバンナ用に作られておりサスペンションが付いていますが、バンはそのように作られていないため乗り心地が良くありません。またランドクルーザーは座席がサバンナ用にカスタマイズされており、サファリ中どの席からでも眺められる開閉式の窓が付いています。

2. サファリテント  ッジ にこだわる

サバンナには大型ホテルから少人数のテントなど様々な宿泊施設があります。アフリカのサバンナの中で大自然を満喫したいというお客様には、ラグジュアリーテントがおススメ。星空の下、火を囲みワインを飲みながら会話を楽しむのも一生に一度の体験ではないでしょうか?

お子様連れや快適性を重視したお客様にはロッジ型もご紹介しております。旅の疲れを大自然の中のスパで癒やしたりお子様とプールで水遊びをしたりするのも、もちろん一生に一度の思い出となることでしょう。

3. 英語ドライバーガイド にこだわる

国立公園のガイドライセンスを持った経験豊富なガイドがご案内。ホスピタリティーはもちろんのこと、お客様が遠くから大切な時間とお金をかけていらっしゃっていることを理解し、朝早くから夜遅くまで一頭でも多くの動物をスポット(発見)することを目指しサバンナを縦横無尽に駆け巡ります。 知識はもちろんのことできるだけわかりやすく説明することを心掛けております。もちろん緊急対応にも長けており、万が一怪我や病気にかかった際も迅速かつ慎重に対応します。

4. 食事 飲み物 にこだわる

サバンナの気候は朝夕は寒く、昼間は非常に暑く乾燥しています。ゲームドライブ中は喉が乾きますので、いつでも冷水、ソーダ、ビールなどを車内に用意しております。冷えるモーニングドライブやナイトドライブでは暖かいコーヒーや紅茶もご用意しております。環境の異なる地域で毎日の移動や慣れない食事により食欲低下や体調不良を起こしがちです。お客様の体調に合わせ現地での軽い食事や、慣れ親しんだ味噌汁、お吸い物、お茶漬けなどもご用意しております。現地の食事をできるだけお楽しみいただくため、毎日チキン、ポーク、ビーフ、ラム、フィッシュなどのお料理を薄味で提供致します。また高地で取れた新鮮な生野菜は朝食から欠かしません。現地ではお好みに合わせられるよう、醤油、ポン酢、にんにく、わさび、生姜、和がらしなども常備しております。

5. シチュエーション にこだわる

サバンナの朝は早くゆっくりと時が進みます。一秒一秒が大切なひと時と理解し、サバンナの木の下で動物を目の前に朝食をとり、夕暮れ時には沈む夕日の見える丘でシャンパンを一杯。そんな特別なシチュエーションを演出いたします。

6. 料金 にこだわる

最高の旅をより良い料金でお届けします。こだわりを持って旅行をお届けするため、高くなってしまうことは否めません。しかし信頼関係を築いたホテルやドライバーとの直接契約により良い料金を得ています。

7. 少人数 にこだわる

大人数と少人数での旅行はどちらを好まれますか? 自然の中で旅をするサファリはとてもセンシティブです。話をしたり、くしゃみをしたり、驚いたり喜んだりして思わず叫んだりしては動物が逃げてしまいます。またお客様の好みも異なり、写真が好きな人、鳥が好きな人、自分のペースでゆっくりしたい人などいらっしゃいます。人数が多ければ多いほど好みも分かれてしまいます。また人数が多いと、食事、移動、買物にも時間がかかってしまい、貴重なサファリでの時間をロスしてしまいます。お客様の最大限の好みや興味にお応えするため、車1台で旅ができる6名様を最大人数とさせて頂いております。

8. 時期 にこだわる

ベストシーズンが必ずしも良いわけではありません。ベストシーズンにはどこでも動物以上に人が集中します。一頭のライオンを10台以上の車が囲むこともあり、動物にストレスを与えてしまう環境は見ていても気持ちが良いものではありません。 サバンナには1年中動物がいます。お客様の見たいものやご興味に合わせ、できるだけ観光客が集まらない地域やホテルを選び自然の中の特別感をお楽しみください。

9. 安全性 にこだわる

現地とのコミュニケーションを密にし、最新の安全情報を確認しています。 車内には必ずラジオを常備し、TPU(touristic police unit) 観光警察との無線も利用し、いつでも緊急対応体制を整えています。資格を持ったプロフェッショナルなドライバーは、サバンナの道に精通していますので広いサバンナでも道に迷う心配はございません。

10. 日本語ガイド にこだわる

サバンナには多くの動物や生物が存在しユニークな自然が広がっています。専門的な難しい言葉も出てきますので、日本語でしっかりと理解して頂くことが、よりサバンナをお楽しみいただける要素だと信じています。サバンナでの朝早くからのゲームドライブや普段の食事とは異なるものから体調を崩されることがあります。そのような緊急対応も日本語ガイドがいるといないとではお客様の安心感も違うと考えます。

 

よくある質問


 

Q 日本やアメリカで使用している電化製品のプラグは使用できますか?

A ケニアのコンセントのプラグはB3、BF、Cタイプなので、変換プラグが必要になります。また、電圧も220-240ボルトと日米よりも高い為、お使いになる電化製品の対応電圧を必ずお確かめください。対応していない電化製品をご利用になると故障の恐れがあるだけでなく危険です。

 

Q 治安はどうですか?

A アフリカだからといって 治安が良くないのではと一様に恐れる必要はありません。訪れた先や地元の人々から、アフリカの人のあたたかさに触れることでしょう。アフリカが怖いなんて先入観があったとしたら、彼らの優しさがそれらを払拭してくれます。

とはいえ、ナイロビなどの大都市は治安が良いとは決していえません。出歩く際に注意したいのは、高価なアクセサリーや時計、カバンは持たず身軽な格好で歩くこと。周囲に気を配りながら目的を決めてサッサと歩くこと。スキを見せないことが肝心です。人気のない場所や裏道は避ける、知らない人にしつこく声をかけられても相手にしないことも大事です。もちろん、未知なる土地へ足を踏み入れる以上、これらはどこへ行っても同じことですよね。注意項目を守って楽しみましょう。

 

Q 現地の水は飲めますか?

A アフリカでは衛生上水道水が飲めない国がほとんどです。各地、ペットボトルのミネラルウォーターが簡単に手に入りますのでご利用ください。国や場所によって多少値段が前後しますが、ホテル・レストランでペットボトルのお水を買う場合は日本円で1本100~150円ほどです。また、弊社で取り扱いのあるツアーではお水のサービスが1日1本ついています 。

 

Q ビザは必要ですか?

A 日本のパスポートでケニアに渡航の際は予めビザの取得が必要です。大使館や領事館で申請しましょう。

 

Q 病気が心配です

A アフリカだから大丈夫かな?と心配される声をよくききますが、節度を守った行動と予防策をとれば大丈夫。それでも国や地域によっては 黄熱病、マラリア、エボラ熱、コレラなどのリスクがあるのも事実なので予め情報を収集しておきましょう。長旅での疲労や環境や食べ物の変化で体調がすぐれない時の対策として、 飲み慣れた常備薬があるとよいでしょう。

黄熱病について

ケニアの渡航には黄熱病に注意が必要です。黄熱病は、蚊(主にネッタイシマ蚊)に刺されることで媒介されます。全身性の感染症です。症状としては、発熱、寒気、頭痛、筋肉痛、吐き気などがあります。人から人への直接感染はしません。予防接種を受けてから渡航しましょう。ワクチン接種は指定された施設のみで実施されています。

※これらの情報は、黄熱の流行状況や各国の事情により予告なく変更されることがあります。予防接種の最新情報を事前にチェックすることをおすすめします。

 

Q 公用語は何語ですか?

A ケニアの公用語はスワヒリ語と英語です。ツアーで訪れるほとんどの国では英語が通じます。英語に自身がない方は、日本語スタッフが同行していると安心です。何でも聞いてください!

 

Q お食事について

A ツアー中にでてくるお食事は、基本的には西洋料理やインターナショナルメニューで、ビュッフェ形式かコース料理になります。自然の景色を眺めながら食事を楽しめるホテルやロッジも多く、食事の時間も旅の醍醐味です。飲み物は別料金になっている場合がほとんどです。

 

Q 電話やインターネットは使えますか?

A 都市部では電話もインターネットも普通に使えます。サファリへ出かけたりする場合、電話やインターネット環境が通常通りとはいきません。ロッジなどへ滞在する場合は、公共の場所でインターネットが使えることもありますが、通信状況は限られると考えたほうがよいでしょう。

 

Q サファリって何ですか?

A 語源をたどるとアラビア語で、東アフリカではスワヒリ語で「旅」を意味します。といっても、彼らにとっては、ちょっと隣町まで行くのも “Safari”、狩りにでかけるのも “Safari” 。

19世紀以降、この “Safari”という言葉が白人たちによって英語にも導入され、おもにビッグファイブ(ライオン、アフリカゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ)を狩猟することを意味するようになりました。

現在では、サファリといえばアフリカで動物観察に行くことが一般的になっています。

 

Q ビッグファイブって何ですか?

A ビッグファイブとは、ライオン、ヒョウ、ゾウ、バッファロー、サイのことで、サファリで人気の5大動物のことです。白人たちが狩猟を楽しんでいた時代に最も危険な動物と考えられていたことからこの名前がつき、その名残で今もそう呼ばれています。

 

Q 動物撮影用におススメのカメラを教えてください。

A 記念や旅の思い出としてならば、どんなカメラでも大丈夫ですが、動物を少しでも大きく撮りたいのであれば、十分にズームがついたカメラを用意しましょう。20倍以上が望ましいです。

本格的に動物の撮影をしてみたいという人は、高速で連写ができる一眼レフカメラ、400mm以上の望遠ズームレンズがおすすめです。より迫力のある動物写真が撮れます。風景写真などは標準ズームレンズでOK。ただし、サファリ中は埃っぽく、車が動いていればレンズ交換が難しいものです。可能であれば、レンズ交換が不要なカメラ2台体制にしておくとレンズ交換に悩まされずスムーズに撮影が楽しめます。

動物を見ることができるチャンスは、光量が少ない朝と夕方にかけての時間帯。薄暗い中でもキレイに撮影をキメたいなら、暗いところでも撮りやすい高感度に強いカメラ、明るいレンズがおすすめです。

 

Q サファリに出かける際に注意することはありますか?

A なんといっても埃がすごいです。埃よけにスカーフなどがあると便利です。

また、カメラやレンズ内部に埃が入り込むと故障の原因になるので、カメラはなるべく埃からまもりましょう。ビニール袋や布で包んでおくことだけでも対策になります。カメララップというカメラを保護できる商品もあるので、そういったものを活用してもいいですね。

サファリカーは大変揺れます。座席の上にカメラを置いておく場合は床に落下しないよう注意!

サファリ中は、カメラの充電ができません。せっかくの瞬間なのに電池切れで撮れなかった!なんてことがないように、予備電池を持参することをおすすめします。

 

Q 両替はしていった方が良いですか?

A 米ドルやユーロをお持ちください。現地通貨に換金する場合は、50ドル・100ドル札の方が、金額の小さいお札よりレートがよいです。米ドルは、2006年以降の新しい紙幣をご用意ください。旧紙幣は使えません。

 

Q ATMはありますか?

A ATMはございますが、紙幣切れがあったり、誤作動によりカードが吸い込まれて出てこないという事態も発生しています。ATMの利用はできるだけ避けたほうがいいかもしれません。他に選択肢のない場合の最後の手段として考えたほうがよろしいでしょう。

 

Q どのくらい現金を持っていけばいいですか?

A ツアー参加の場合は、現地払いに必要なお金は、個人的な飲食代、チップ、お土産など個人的な買い物代くらいです。それぞれの事情によって変わってきますが、普通に過ごす分には10日間で一人300-500ドルあれば十分でしょう。

 

Q クレジットカードは使えますか?

A 都市部の大型のお土産店、宝石店、大型スーパー、高級ロッジなどでは、クレジットカードが使えますが、時折クレジットカード読み取り機が壊れている場合があります。

その他、大きな都市、観光地以外ではほとんど使えないと考えたほうがよいでしょう。 カードはVISA、マスターカードが主流で、アメックスが通用しないこともしばしば。 JCBは殆ど使えません。

 

Q サファリのベストシーズンはいつですか?

A 雨季と乾季のあるサファリでは、動物たちは水を飲むため食べるため季節ごとに大移動をします。サファリのベストシーズンは雨季と乾季の季節の変わり目といわれていますが、雨季か乾季でお目当ての動物を見られるエリアが変わってきます。

乾季

乾季は草が枯れ一面黄色っぽくなり、一部の木々は落葉します。隠れる場所が減るので鳥や小動物の観察がしやすくなります。また、水場が減るので特定の場所に動物が集まり、見つけやすくなります。

ヌーの大移動のシーズン(ケニア:7月~9月/タンザニア:12月~2月)にもあたります。 乾季ならではの見どころです。

雨季

雨季は、新芽が顔を出し緑に生い茂られてきます。草を食べにやってくる草食動物、そして、その草食動物を狙う肉食動物との遭遇率が上がります。時期によっては動物たちの出産シーズンにあたるので、感動的なシーンが見られることもあります。生まれたての赤ちゃんを見れるのは雨季ならでは。